乳首の黒ずみは治らない?試しに美白クリームを使ってみました!

セルフケアのアイテムは数多く存在しますが、どんなものがいいのか悩むところ。普通の顔
用の美白クリームでは黒ずみは残念ながら消せません。美白クリームの役割や効果を学ぶと
ともに何が足りないのか、どんなアイテムを使うべきなのかを考えてみましょう。使い方次第
では有効なアイテムに変化することもあるからです。

 

ボディ用の美白クリームの役割は今から日焼けすることを予防するという考え方です。また、
表面にあるシミは消すことができます。元の肌色に戻すことはできてもそれ以上真っ白にする
のは到底無理な話です。乳首やデリケートゾーンの黒ずみというのはターンオーバーの乱れや
ホルモンバランスの変化によって肌の奥深くにメラニン色素がたまっている状態なので、通常
の美白クリームではそこまで浸透しませんし、効果も不十分だと思われます。

 

美白と書いてあってもその成分をきちんと確認してから買わないと全く効果が出ない場合も
あります。ではしっかり効果が出る成分とはどのようなものでしょうか。

 

ビタミンC誘導体 アルブチン プラセンタ ハイドロキノン コウジ酸 トラネキサム酸

 

こういった成分が代表的な物になりますが、これら以外にもたくさんありますので自分なりに
どの成分が肌に合うか検討したいところです。とはいっても乳首の美白に関してはこれらの成分
が入っていても専用クリームでないと奥まで浸透しません。浸透させるためには有効成分をナノ
化する必要があります。また美白成分もそれなりに強力な成分が必要となるのでそれなりに高価
なものとなるのです。したがって安価な市販の美白クリームでは乳首の黒ずみは治らないという
ことになります。あくまでも肌表面のくすみを消すだけと考えましょう。

 

そして専用クリームだけではもちろん不十分なので食事やサプリメントでもビタミンCなど美白
に効果のある成分を補給していきましょう。なぜならビタミンCは体の中に蓄積することは不可能
なので毎日摂取する必要があるのです。野菜や果物などをしっかりとることで美肌を作ることは
できますが、果物は気を付けないとあっという間にカロリーオーバーになってしまいます。過剰
摂取はどんな栄養成分でもよくありません。ビタミンだけでなく、ミネラル、食物繊維などバラ
ンスに気を付けて摂取していきましょう。そうすることで、相乗効果でより早く内側からスピー
ディーに実感できます。